しあわせのかけら

おたくとお片づけと手作り

月皇海斗くんの考察

たぶんわたしたち人間にとって一番つらいことの一つは、自分という存在と向き合うことだ思うんです。


自分には価値があるのか、まわりの中に自分がいる意味はなんなのか。確固とした生きる意味を持ち、まわりと比べてしまってもちゃんとブレない自分の軸と正しい自信を持つ。


でもそれはあまりに苦しいから、きっと多くの人は、逃げたり気づかないフリをしたり(気づかないフリをしていることにすら気づかないままだったり)してなんとなくの人生をなんとなく生きる。

 

 

 

海斗くんは月皇家に生まれたことで、物心ついた頃からこの問題に向き合わざるを得なかった。


それでも、自分のしたいことに嘘をついて違う道を選んだり、努力することをあえてやめてしまってそれなりにそつなくこなす人生を選んだりすることもできたはずです。


しかし、彼は彼の意志で、いちばんの茨の道を進むことに決めた。それを許さなかったのは生まれ持った彼のプライドの高さだったのかもしれないけれど、プライド云々以上に、やっぱり月皇の血が流れる彼も、ミュージカルが、舞台に立つことが、大好きでたまらなかったがゆえの選択だったのだと思います。

 

音楽の世界、ステージに立つ人間の世界は、ただでさえ、「まわりと違う自分の輝き」が必要な場所。
綾薙の誰もがきっと、どこかでそれと闘っているし、遥斗さん自身も、きっとここまでの存在になるためにずっと悩んできたんだと思います。
しかし、海斗くんはより一層、この問題と常に隣り合わせだということ。


生まれてから向き合わざるを得なかった自分自身の存在への目、あえて家族と同じ世界の中で、それを確立しなければならないという重圧。自分への試練。


彼のプライドの高さは、彼自身をこの道に導いたと同時に、自分というある意味地獄のような鎖で自分自身をがんじがらめにする苦しさの一因となったはずです。

 

きっと彼が何をやっても、彼に向けられる称賛の多くは、
サラブレッドは違うな」
「さすが月皇遥斗の弟だな」
といったもので、そこに彼自身の血の滲むような努力は加味されていなかったのではないでしょうか。

 

並々ならぬ練習等の物理的な努力はもちろん、特殊な環境の中で、常に自分自身と闘ってきたそういう過酷な精神的な努力は、微塵も評価されない。

 

海斗くんは、芸術面でも学業面でも非常に優秀な成績を残してきているけれど、きっと星谷くんたちと出会う前までは、彼の心は報われる瞬間など一度もなかったのではないか。

 

そしてきっと、人から、欲しい類の称賛が得られないこと、自分の存在を認めてもらえないこと以上に、


目指す目標も、基準も、あまりに高く、そしてそれを具現化したような存在が実際にそばにいることで、


たくさんがんばってきた自分を、自分自身が認めてあげられないことが、いちばんつらかった。
一期の海斗くんを見ていると、なんだか本当に苦しそうで、あなたはあなたのままでいいんだよって抱きしめてあげたくなる(泣)

 

私も、実家が教育関係だったことで、
自分がいくらがんばって試験で結果を出しても、難しい受験に合格しても、
「いつも勉強教えてもらえるもんね」「いいね」って言われるばかりでした。

いい点数を取れない自分が自分で許せないから、
いつしかそれで自分の存在価値を感じるようになっていって、貼り出される学年順位をいつも気にして、後ろから追われるのがこわくて、
試験前は泣きながら勉強して1時間も寝ずに試験受けたりっていうことをしていたのだけれど、
そんなことを人に話すのも無意味だから言わなかったけれど、


そんなこと何も知らないで、何も考えないで、他人は簡単に言葉をぶつける。
あなたにもプライドはないの?っていうくらい、すでに諦めた生き方をしていた人もいたし、人の心に土足で踏み込んでくるような人もいた。

 

それでも、大学生になって、社会人になって、
もっと違うところに自分の価値を見出せるようになったことで、


当時の自分を思い出すと、ものすごく考え方が窮屈な状態になってしまっていたことを実感する。結局、鎖をどんどん巻いて余計苦しくしていたのは自分自身だったってわかる。

 

でもこれは、学校を卒業して、もっと広い世界を見て、色んな人と出会って、色んなことをする中で自分に正しい自信が少しずつ生まれて、


何かのものさしで自分の価値を決める必要はないし、殻に閉じこもって苦しくなる意味もないっていうことが徐々に自分の内部からわかってきたからで。

 


だから、海斗くんの、自分を苦しめていた枷を自分の手で外せるようになっていく姿が本当に本当に嬉しかった。


海斗くんのまわりに、
海斗くんの表出されている面だけじゃなくて、
今にも崩れそうな自信を必死に保とうとしながら、自分で自分を認められる形を探し足掻いている苦しい胸の内をわかってくれる人がいてよかった。

 

なんでも器用にこなせることこそが、個性だと認めてくれる鳳先輩と、家族云々は関係なく、純粋な目で、彼自身の才能と努力を認めてくれる仲間。

 

特に、「ステージに立ってる月皇が好き」などとストレートに言ってくれる星谷くんのような存在は、きっと海斗くんがこれまで関わってきた人の中にはなかなかいなかったのではないでしょうか。

 

最初は人の心にズケズケと入ってくるようにも捉えられる星谷くんの態度は、繊細な彼には受け入れがたいものだったと思いますが、同世代の中では自分がリーダーでいなければならないとこだわっていた海斗くんが、星谷くんをリーダーとして認めて。

 

家族云々ではなく、海斗くん自身の実力を素直に見てくれて、足を引っ張らぬようと健気に努力して、純粋なキラキラした目で演技をする星谷くんの存在は、暗い影を落としていた彼の心を明るく照らし、暗がりから連れ出してくれたんだと思います。


そして二期では、なんと言っても魚住先輩の存在。遥斗さんのことをよく知っているからこそ、他の人にはできないような、海斗くんに本当に必要なアドバイスや声かけ、采配をしてくれた人。

 

ひとつ枷が外れたからといって、完全に自分という迷路から抜け出せるわけではないし、むしろ進めば進むだけ、また新たな壁にぶち当たる。
卒業記念公演にあたって、アレクシスの影を演じた兄の影が、また海斗くんを苦しめることになる。

遥斗さんに強く憧れを抱いている揚羽の存在もまた、遥斗さんの世界に絡め取られそうになる海斗くんの心をより進行させていきます。

 

そんな中で、魚住先輩の言葉たちは、本当に美しいと思うんです。先輩自身も、第二王子と呼ばれて複雑な思いをたくさん感じてきたはず。
でも、誰よりも、遥斗さん自身の実力と努力と人間をよく見ている人だからこそ、遥斗さんのことを大切に思っていて、海斗くんのことも、心から心配し、導いてあげたい(というより、自分で光を見つけられるよう手助けをしたい)と強く思っている。

 

「お前ならできる。そう言ってるんだ、海斗」

 

って頭をポンってするシーンはスタミュ二期の中で最も泣けたシーンのうちのひとつです… その時の潤んだ海斗くんの瞳もふくめて、もうたまらない。


全てを知っている人から、かつ、確かな実力を持った一人の立派な俳優から、認められ、背中を押され、自信を与えてもらったことが、海斗くんにとってどれほど大きいことだったか。

 

“誰とも似てはいない 新しい勇気で”一歩を踏み出し、役を勝ち取った海斗くんは、今まで感じたことのなかった自分という存在への自信を持てたのではないかと思います。


三期にあたって、ミュージカル俳優になるにあたって、これからまた海斗くんはたくさんの壁にぶち当たるはずです。
桜会には誰が選ばれるのか、そして卒業、新しい進路へーーーー。

 

でも、決して自分に負けることのない海斗くんは、綾薙学園で紡いだたくさんの絆と、信頼できる人たちからもらった言葉と自信というGiftを胸に、素晴らしいミュージカル俳優になっていくんだろうなって思います。


“たからものをあげよう”っていうフレーズ、
海斗くんにとってたからものは、
自分をはじめて認め許してあげられた、綾薙学園という場所、仲間と過ごした日々なんだろうと思います。


また、最後になりましたが、海斗役を演じられているランズベリー・アーサーさんが、ご自身も同じような思いをされ、非常に強い思い入れを持って海斗くんを演じられていることを知り、心を打たれたことを覚えています。

 

私も人との関係にも本当に悩んできて、未だに自分との闘いは終わっていませんし、人との距離の取り方やコミュニケーションの正解がわからず、戸惑うことが多い日々です。私自身、重ねて見てしまうところが多く、共感しては涙が出ます。

 

ランズベリー・アーサーさんの演じられる”月皇海斗くんが本当に大好きです。
お二人の未来が、これからもより一層輝いたものになりますように。

 

月皇海斗くん!生まれてきてくれてありがとう!!

スタミュFes.2017 エレガンス民によるレポと感想

登場シーン


ちむらぎは、カメレオン・スター!の曲で登場だったわけですが、ポーズはスター・オブ・スター!のものを取り入れていらっしゃいました。
昼の部→イントロ部分の5人のポーズ。

f:id:kamikaze07:20171010105826j:image

熊出没注意こじ開けるたつみん最高すぎましたw

夜の部→イントロ終了の時の決めポーズ。

栄吾の伸脚!!!!!!これ忠実に!内田雄馬さんありがとう🙏

f:id:kamikaze07:20171010105845j:image

フリートーク・辰己、申渡、北原、南條


辰己「フリートークに呼ばれたんだけど、俺は面白いことは言えないな…」
栄吾「私もあまり…日頃からユーモアのセンスを身に付けたいとは思っているのですが」←そういうところが既に面白いw
辰己「俺は、栄吾の話は面白いと思うけどな」←エレガンスおご馳走様です…

・一度、自分の話が面白いかどうか聞いてみようという流れになる。
・北原、南條登場。
栄吾「南條くん」←呼び止める。これはやばい…まさか…←
栄吾「ズバリ、私の話は面白いでしょうか」←やっぱり聞いちゃうw本人は至って真面目w
南條「申渡の話は面白くないけど、そういうこと聞いちゃうところは面白いよねぇ」←それなwwwww

・南條、申渡的に面白い(理想とする)人は誰なのかと問いかける。
栄吾「どの方にも尊敬すべき点はありますが…強いて言うならば、北原くんでしょうか」
北原「はぁ?俺?」
南條「こいつ、面白いこと言えるような高尚な脳みそ持ってないよ、ボキャブラリーも貧困だし」
栄吾「北原くんには…持ちネタがあります!!!」←これはまさか…w
北原「はぁ?何言ってんだテメエ、有罪だ!」
栄吾「いぃぃただきましたぁああ!!!!!!」←食い気味w興奮、キラッキラw嬉しそうwwwwwww
南條、「恐ろしいことにコイツ、これ無自覚なんだよね」
栄吾「なんと…!天然でいらっしゃいましたか!!」←新たな発見をした煌めきに満ち溢れる栄吾。でもさ、君もなwwwww
栄吾「これは御見逸れいたしました」←ワードが真面目すぎてイチイチおかしい(本人は至って真剣)
南條「申渡は真面目だねぇ…」
・事情がわかっていない北原。
南條「いいんだよ〜廉はそのままでいてね」←声が聞こえあまりにも甘いとろける…何を聞かされたんだ…!?!?

まとめ:パーフェクトな相方・栄吾を誇りに思う辰己VSポンコツな相方・廉を愛おしく思う南條というコンビ対決おご馳走でした…

※ところどころニュアンスが違っていると思いますがご容赦ください。


夜の部・朗読劇


中等部の文化祭で、OBの出演を頼まれ、出演者を探す流れに。あの2人にお願いしようということになる。
海斗「まぁ、この時間は、片方は寝ているかもしれないが…」←…これは、くる…

〜チュンチュン…(小鳥のさえずり)〜
お城みたいなセットの客席から見て左上に、2人現れる。城みたいな家のバルコニーで繰り広げられてる感じした…セットかわいいなぁと最初から思ってたけど、この2人に合いすぎじゃない!?城だよ城!?

 

辰己、まだ半分寝ている。←ウトウトたつみんかわいすぎる…
栄吾「た・つ・み😊 そろそろ起きてください😊」←この、「た・つ・み😊」が優しすぎて爆発案件。音程で表現するなら、ソ↓ド↗︎ミ↗︎みたいな感じ。この絵文字みたいな雄馬くんの笑顔付き。あぁ、こんな風に栄吾を演じてくれてるのね…(泣)

辰己「ん…んん…あと5時間…😪」
栄吾「そこはせめてあと5分にしてください😊ほら、窓を開けて…景色が美しいですよ😊」
辰己「本当に美しい景色は、目を閉じていても見えるよ…生まれ流れ出すメロディのように」
栄吾「また辰己は… クオリアの風の(興奮しすぎて語尾まで聞き取れず)」…これはまさか…くる…くる…くるぞ😱😱😱😱😱😱)

♪トゥルールルーーー(The eleganceイントロ)
2人「We can make it!」←シンジラレナイユメノセカイ
辰己「OK!」栄吾「All right!」2人「はじめよう!😊😊」←2人手を取り合いながら…何を見せてもらってるんだ我々は…
1番を歌唱。終始、手を取ったり見つめ合ったりしながら… ←お二方がまさにホンモノの辰己と栄吾だった。MVはないけれど、ずっと見たいと思っていたけれど、初めて見れた気がした… 満たされた… 雄馬くん歌がうまい…本当に歌がうまい…響き渡る美声…

 

辰己「おはよう、栄吾」
栄吾「おはようございます、辰己😊」

天花寺「あいつら、毎朝あんなことやってんのか?胸焼けしそうだぜ…😱😤」
辰己「寝起きを見られるなんて、恥ずかしいことしちゃったな☺️」
栄吾「辰己に恥じるべきことなどありませんよ😊」
海斗「はーじーらえ😩💢」←さいっこうなツッコミw

〜この時点でエレガンス民の我、茶碗5杯分くらいの米を食べた気分〜

 

辰己「せっかくだから受けようか、栄吾はどうする?」
栄吾「私は辰己と、月皇くんたちが良ければ」
星谷「やったー!これで決まり!😁」
那雪「これで三人になったね!あと一人有名な人かぁ…」
辰己「あれ?君じゃないのかい?」
栄吾「私もそう思っていました。何か参加できないご予定が?」
那雪「えっと、予定はないんだけど…僕なんかが辰己くんたちと、なんて」
星谷「えー!?何でだよー!那雪だって卒業生だしいーじゃん!」
那雪「でも、僕なんかが」
天花寺「おいおい、お前のそのネガティブ思考どうにかならないのか。😩1年の頃よりはちーっとはマシになったと思っていたが」
海斗「僕なんかが同じチーム、って俺たちはとっくに同じチームじゃないか😏」←海斗ちゃん😭😭💕
那雪「月皇くん…」
辰己「俺たちもクラスは違ったけど…一緒に過ごしたりして友達になれたと思ってたんだけど…違ったの?😟」
那雪「えぇえっと、でも…😣」
空閑「もっと自分に自信を持て」
那雪「空閑くん…!僕…やるよ!☺️」←那雪ぃいいいい😭😭😭💕
星谷「よぉっっし!これで安心だな!俺たち応援に行くよ!😁」
中等部組4人並ぶ。←まさか…えっ…これはまさか…そんな…まさか…!!!!!!!

♪ハアーッローッマイフレンッ💕←ピギャアアアアアアアアアアアアアなんと満たされすぎている空間😭😭😭
栄吾「深呼吸してみーましょおぉぉぉ…♪」←歌うますぎ(3回目)。そして、軽く踊ってる雄馬くんかわいい。歌うのほんとに好きなんだろうなぁ。

〜青空seasonまで聴けてしまう夜の部…もう我々のおひつに米残ってません…食べさせられすぎた…満腹こえた…まだ前半なのに…〜

・辰己&栄吾が本番に出られなくなったとのことに。

辰己「急な結婚式の予定が入っちゃって」←急なw結婚式とはwwww急に結婚式とか入る?www
栄吾「辰己家と申渡家は、親戚のようなもの。私も出席しないわけにはいきません」←は?????幼なじみとはいえ、他人の急な結婚式に行く?普通wwwwwやばすぎるwww
天花寺「急な不幸ならわかるが、急な結婚式とか聞いたことないぞ😩💢」←それなw
星谷「もーーー辰己と申渡、前半で2曲も歌うから〜〜〜〜😅」←wwwwwwそれなwでも後半もバンバン歌ってくれてよかったんだよ😊

〜米の入ったおひつもう1つ運ばれてきた気分。新たなキーワード:辰己家の急な結婚式に出席する申渡栄吾〜


雄馬くん(と信くん)の挨拶


・昼の部、冒頭
ジャンケン、ピュイ!!!←!
・昼の部、最後
雄「これからは、ナイトからパラディンになれるようにがんばっていきますので!」
※ちなみに、ナイト(普通の騎士)、パラディン(そのさらに上の段階、聖騎士)
信「これからも、栄吾と末長く笑っていきます」←どうかお幸せに😇😇😇😇😇😇
・夜の部、冒頭
今日は、守らなければならない方がたくさんいらっしゃるようですね😊←😇😇😇😇😇😇
みんなまとめて、かかってきなさい!←ちょっと違うだろwってつっこまれる。かわいい😊
・夜の部、最後
虎石の「スターなら、ここにいるぜ💕」を受けて、ちむらぎ、そう言う流れに。
雄「スターなら、ここにいます」(この状態で手は辰己の方を指しながら)←どこまでも栄吾になりきってくださってて本当に感謝😭

f:id:kamikaze07:20171010113250j:image

この栄吾がもうちょっと頭下げてる感じのポーズでした。雄馬くん本当にありがとう…
「皆さんが、スタミュのナイトとして、これからも支えてください」
諏訪部さん「はい、次スター」信「どうも、スターです」←最高な流れw
信「歌終わって話してたんですが、いつかカリビアングルーヴもやりたいよね、栄吾」雄「そうですね、辰己」←エレガンスによるカリビアングルーウの誓い😭😭😭😭😭😭😭😭😭😭

※昼夜違うとこあるかもしれません。

〜おひつ2つ目なくなりました。もう米入んない〜

 

その他の印象的なシーン


・ちむとりの登場、リアル「俺たち!スターダスト!」だった。星作ったの見た瞬間涙腺崩壊した。
・ゲームコーナーのチーム分け、信くんと雄馬くんが同じチームのボールひいて、2人でアッ!って顔してボールコツンってしてたの、ホンモノのエレガンス…
・俺全然モテないよっていう星谷。「調理実習で何か作ってくれたり、部活の応援来てくれたりはしたけど…」\\無自覚// →星谷くんって、幼なじみの女の子とかから恋心持たれてても絶対気づかないタイプだよねって思ってたけど言質とれました(*゚▽゚*)
・衝撃:揚羽、那雪のことを「とおる」、卯川のことを「アッキー」と呼ぶ→…いつからだよ!!!!!「悠太の友だちは、みんな、友だち。僕の。」とか言って呼び始めたの????詳しく!!!!
・虎石が空閑から借りた数学の教科書をなくすという事件、結局卯川が一時的に戌峰に貸してたというわけだったんだけど、卯川「殺さない( ; ; )???」←かわいい💕空閑「虎石のだと思ってたんだろ?だったら俺が殺す理由はねえ」なんかめっちゃ面白かったw
・子猫ちゃあん💕チュッ💕をちょいちょい挟む虎石。KENNさんありがとう💕
・ストテラ組の圧倒的美…どこぞの4人組アーティスト…Mステかよ…
・武内さんなんかトレンディー俳優みたい…タートル似合いすぎ…とんでもないイケメンが現れた感…ちょいちょいポケットに手入れたり気だるそうに台本持ったりっていう南條くんみある演技が最高すぎた!
・星谷が月皇と友だちだという話をしたら、中等部の女子キャアキャア。天花寺「俺が取り巻きにキャアキャア言われてるのよく思ってないくせに、お前も言われてんだなぁ海斗ちゃん」海斗「俺はお前みたいに不特定多数の女性にニヤケ顔を晒したりはしない!」→〜ここからただの考察〜「不特定多数」とかいう真面目ワード発するし、女の子のこと必ず「女性」って言う海斗ちゃん本当に好き… あと、ちょっと気になったんだけど、「不特定多数」の女性には見せないということは、、、、、

とっておきの特定の女性にはニヤケ顔見せるんですか…スキのある顔は、自分の好きな女性にだけ見せるっていうことの裏返しの発言なんですか…(遠い目)(頭抱)…海斗ちゃん!どうなんですかっ!!!!!!(好き)
・Tシャツ着てキャスト大集合、からのGiftが号泣もんだった。卒業記念公演実在した。尊い。夜の部では諏訪部さんと花江くんが肩組んだりするもんだからもう涙腺が😭
・花江くんが想像の何倍もまんま星谷くん(を完璧に演じてくださって)で、元気いっぱいで明るくて素直で優しくて、星谷くん画面から飛び出してきたのかと思った。本当に本当にこの方が星谷くんである事実が素晴らしいと思った。
・細谷さん、Gift歌ってらっしゃらなかったから、まだ完全じゃないのかな。。ステージの端っこまで走って来てくださって、マイク会場に向けて幸せそうに「歌って〜!」っていう笑顔向けてくださったの泣いた。細谷さんおかえりなさい!
前野智昭の空閑愁も、高橋健介くんの空閑愁もよろしくお願いします、って昼も夜も挨拶する前野さん本当に素晴らしい。
・「悪態ついちゃったりするけど、大好きです」「この、イケメンが!…でも、大好きです」って言うまえぬけんぬコンビ…素晴らしきですね!
・笑顔が大好きですって言われて照れまくる信長さんやばい。かわいすぎる。こんな破壊的なかわいさの笑顔お持ちの方いる?あと、夜公演ではストテラのためかな?衣装が白シャツに黒ネクタイベースのものに変わってて、カッコいい!って言われて喜んでるのもかわいかった… 揚羽のこと陸って呼んでた。陸のこと本当に愛して演技されてるんだなってことも強く感じて泣けた。
・高梨さんが「まだちょっとドジっ子なところしか見せられてないと思うので、今後はかっこいい蜂谷も見せられたら」っていうお話と、「揚羽の、かっこいいところ、ステキなところ、たくさん見ていただけたと思います」っていうちゃんと蜂谷目線のコメントしてくれてたの最高すぎて、そこから2人で肩組んだの泣けた。


まだまだ言いたいことはたくさんあるのですが、キャストさんたちが本当にキャラのことを大切に演じてくださっていることが肌で感じられて、
こういう言い方をしたら失礼だとは思っているのですが、想像の何倍もスタミュの世界観をそのまま広げてくださった感じがしました。


特に、大好きなたつみんと栄吾に関しては、アニメ映像のイメージが崩れるのは嫌で、ものすごく楽しみだった反面、せっかくのイベントなのに、実際に現実世界として見ることでちょっとでもガッカリすることがあったら悲しいな…とどこかで思ってしまっていたのですが、

それどころか、2人がそのままそこに息づいていて、もっともっと見たいと願っていた世界が目の前に舞い降りてきてくれたかのような、夢のような時間でした。声のトーンも、表情も、2人そのままで…朗読劇以外の時間でも、2人のキャラを意識してくださって…
岡本信彦さん内田雄馬さん本当にありがとうございました!カリビアングルーヴ、ファン一同心よりお待ちしております!その際にはぜひフルで、Black&Whiteのダイスを転がす栄吾や、気配を消して瞳閉じるエレガンスや、自分を信じていなければ叶わない野望がある栄吾をお願いします… チーム柊大好き😭

 

f:id:kamikaze07:20171010113454j:image f:id:kamikaze07:20171010113513j:image

イベント当日が自分の誕生日だったのですが、こんな最高な過ごし方ができるなんて贅沢すぎました… スタミュありがとう… そして、お世話になった友人との縁に感謝です!

 

f:id:kamikaze07:20171010113629j:image クオリアの風が吹きそうなThe eleganceな朝でした。無事福岡空港に着いて、またいつもの日常が戻ってきました。これからもずっとずっとスタミュを応援していくぞ!

 

スタミュの太陽・星谷くんお誕生日おめでとう!あなたが星屑からホンモノの星になって輝く日を楽しみにしています!

そしてわたしは申渡栄吾が華桜会入りすることを願ってやみません!

キャストの皆さんのツイッターやブログがまたステキで、しばらく余韻に浸りそうだなぁ…

 

天神でカフェごはん〜おすすめカフェ

福岡に来たら、ラーメンや水炊き、もつ鍋、焼き鳥などのご当地メニューももちろん食べていただきたいのですが、オシャレなカフェがたくさんあるので、カフェのオススメを紹介させてもらいます!

 

Cafe del SOL

f:id:kamikaze07:20170123142114j:image

パンケーキのお店です。ふわふわのパンケーキは口に入れた瞬間とろけます♡

かわいいアートのカプチーノと相性バツグン!

写真はキャラメルバナナのパンケーキですが、フルーツがたくさんのったものや、ごはん系メニューもあり。

かなり並ぶので、時間に余裕を持っておいてください。

場所は西通りから国体道路に向かうあたり。

 

GRANDHOURS

f:id:kamikaze07:20170123144754j:imagef:id:kamikaze07:20170123144802j:image

本格フレンチが、リーズナブルに楽しめる!ランチは、お魚、お肉、パスタからメインを選んだら、パンやスープ、サラダ、おかず、ドリンク等がビュッフェスタイルで楽しめます。写真はお魚料理。

何より、本格的な味なのに値段が1500円程度というのが驚き!メインが2品選べるコースでも2000円!プラス300円程度でデザートをプラスすることもできます。

とても高級感のある店内と確かな味!ビュッフェのお料理も全部美味しいんです。お値段以上♪

場所は警固公園のすぐそばです。

 

Cafe and Bar 64 

64 Bistro

食べログ64 Bistro

同じく警固公園すぐそばのお店。

地中海の爽やかな風が駆け抜けるようなすてきなお店。

こちらはメイン等を選び、パンが食べ放題のスタイル。ハード系のパンが主で、香ばしくてとても美味しいです。

もちろんメインメニューも美味。

食べ終わって一息した絶妙なタイミングでサッとデザートを運んできてくださったりと、サービスがとても行き届いてます。

ここも人気店なので時間にゆとりを!

 

Manly

 f:id:kamikaze07:20170123154844j:imagef:id:kamikaze07:20170123154723j:image

今泉エリアにある、ハワイアンカフェ。

シンプルなふわふわパンケーキが絶品ですので、ぜひごはんメニューを食べたあとのデザートに♡

 

白金茶房

白金茶房

食べログ白金茶房

f:id:kamikaze07:20170123155304j:image  f:id:kamikaze07:20170123155311j:image  f:id:kamikaze07:20170123155317j:image

京都のホテルに来たような洗練され落ち着いた空間。

モーニングセットがあり、わたしはグリーンサラダとパンケーキ、コーヒーのセットをチョイスしました(写真のもの)。

パンケーキはシンプルで、これまで紹介したお店はリコッタチーズのふわふわ系でしたが、ここはシックでしっとりとした味わい。

サラダの野菜も新鮮で、コーヒーも味わい深く、朝からフレッシュかつリッチな気持ちになれるお店。

場所ですが、天神(今泉)からもう少し南に行くと薬院エリアがありますが、薬院からさらにもう少し南に歩くと、お店が見えてきます。天神の中心部からだと30分くらい歩くので、西鉄電車の平尾駅利用が便利かもしれません。 

 

Cafe Xando

カフェザンドゥー 大名店

食べログカフェザンドゥー 大名店

 オシャレな女子会にぴったり。

ランチはもちろん、夜カフェもおすすめです!

 

marbre blanc cafe

 f:id:kamikaze07:20170127232630j:image

大名の小さなクレープ屋さん。ごはんクレープからデザートクレープまで、全部美味しいです!

 

SALVATORE CUOMO&BAR

サルヴァトーレ クオモ SALVATORE CUOMO &BAR 天神店(イタリアン・フレンチ)<ネット予約可> | ホットペッパーグルメ

本格ピザのお店。ランチバイキングの利用がおすすめで、焼きたてピザやパスタ、デザートが1000円ちょっとで食べ放題です!

 

 

最後に、福岡パルコ新館からおすすめを3店紹介します!

 

ゴントランシェリ

1階正面玄関にあるオシャレなパン屋さん。7時半から空いていて、コーヒーとサクサククロワッサンのセットが400円なのでモーニングにもおすすめ。ランチセットもあります。

 

24/7 cafe apartment

新館3階。白を基調とした店内がオシャレ。ランチは小鉢を選べて、ほっこり体に優しいプレート。デザートも美味です。

 

 kawara CAFE&DINING

 新館6階。ドラマなどで使われそうな雰囲気!ゆったりしたソファー席で、ボリュームたっぷりのごはんを楽しめます。

 

 

以上、雰囲気と味を考慮したわたし流福岡カフェのすすめでした!

よろしければ滞在中利用されてみてください〜!